血糖値を下げるには、まず始めに食生活を改善して、栄養バランスの調整をしていく食事療法を行うことが必要となります。 普段の食生活では、糖分や塩分量などを気にして食べることは少ないと思いますが、実は知らないところで1日の適量をオーバーした食生活を送ってしまっていることが多いのです。 いつもの食生活から血糖値を下げるための食生活へと変えると、やはり味付けが薄めになりますので、物足りないという人もいるかもしれません。 でも、それは今まで食べていた料理の味付けが濃かっただけなんです。 1か月も続ければ慣れますから、食事療法は必ず行うようにしましょう。 さらに、食事療法に加えて、運動療法を行うと効果が表れやすくなります。 運動療法で行ってほしいのは、ウォーキングなどの有酸素運動です。 食後の血糖値が上昇しやすい時間帯にウォーキングを行うことによって、血糖値の上昇を抑えることができますので、30分から1時間を目安に行うようにしてください。 どちらも長期間継続し、日常的な習慣として取り入れていくようにしましょう。